■ 朋友会の沿革

明治40年 8月 7日 「神奈川県立第四中学校」設立認可
明治41年 4月14日 第1回入学式挙行
大正 2年 3月25日 第1回卒業式挙行
卒業式と同時に朋友会を設立、朋友会初代会長に吉田庫三校長が就任された
以来会長には校長を推戴することに決した
大正 2年 4月1日 「神奈川県立横須賀中学校」と改称
大正 4年 8月18日 朋友会会誌「朋友」第1巻発行
昭和 2年 5月20日 「朋友」改め「横中学報」第1号発行、「朋友会名簿」第1回発行
昭和17年 「横中学報」「朋友会名簿」発行以後大東亜戦争となり、物資不足のため中止された
昭和23年 4月 1日 学制改革により「神奈川県立横須賀高等学校」と改称
昭和23年 大津グランド野球練習場にバックネットその他が作られ朋友会より拠金
昭和23年10月20日 創立40周年総会(於母校講堂)にて以後会員の中から会長を推薦するに決した
昭和25年 4月 1日 男女共学を実施
昭和25年 8月 朋友会会員名簿発行(戦後第1版)
昭和28年 図書館新築のためPTAと共に朋友会も参加して募金した
昭和32年 2月 朋友会会員名簿発行(第2版)
昭和33年12月 1日 朋友会50周年記念式典挙行
昭和34年 2月23日 初代吉田庫三校長胸像除幕式
昭和37年12月 母校体育館兼講堂建設に協力した
昭和39年 3月 1日 朋友会会員名簿発行(第3版)
昭和41年11月 1日 「朋友」復刊第1号発行
昭和43年 6月23日 朋友会60周年記念式典挙行 来賓参加約600名
校名入りブロンズ取付け正門完成
記恩ケ丘整備
昭和46年 3月 1日 朋友会会員名簿発行(第4版)
昭和48年11月11日 初の「高校期の集い」開催
昭和49年 6月 2日 維持会費制度発足
昭和53年 6月25日 朋友会70周年記念式典挙行 校旗新調
通用門設置
昭和54年 2月11日 朋友会会員名簿発行(第5版)
昭和54年 6月 4日 山口県萩市の初代校長吉田庫三先生の墓所脇に顕彰碑を建立
昭和55年 7月 会報委員会発足
昭和56年12月 3日 資料委員会・記恩ケ丘整備委員会・親睦委員会発足
昭和58年 6月 母校創立75周年記念に朋友会より視聴覚教室にビデオプロジェクター寄贈
昭和59年11月 朋友会の事務能率化のため、事務局にオフィスコンピューターを設置
昭和61年12月 名簿発行委員会・総務委員会発足
昭和62年 9月 1日 母校創立80周年記念募金活動開始
昭和63年 3月20日 朋友会会員名簿発行(第6版)
昭和63年 3月31日 記恩ケ丘移転整備に伴い記念碑建立
昭和63年 6月 4日 新記恩ケ丘記念除幕式挙行
昭和63年 7月10日 母校創立80周年記念式典開催
平成元年 3月25日 「朋友」母校創立80周年記念会報特別号発行
平成 3年 7月 コンピューター新機種に更新
平成 4年 9月 新卒会員の終身会費3年間で総額3,000円に改訂
平成 4年10月30日 旧記恩ケ丘跡地記念碑完成
平成 5年 5月 母校創立80周年記念「記念ビデオ」「吉田庫三蔵書目録」完成、配付
平成 5年10月 組織委員会・名簿委員会発足
平成 6年 6月26日 維持会費現行年額1,000円を1,500円に改訂 会則改正
平成 6年 7月16日 セミナーハウス完成に伴い、明友会と協力、ビデオ映写装置一式寄贈
平成 7年11月30日 朋友会会員名簿発行(第7版)
平成 8年 9月 名簿購入者全員に名簿訂正版を発送
平成 8年12月 記恩ケ丘樹木伐採整備
平成10年 1月24日 小柴昌俊氏(中32期)文化勲章授章祝賀会開催
平成10年 7月 コンピューター新機種に更新
平成10年11月14日 母校創立90周年記念式典開催
平成12年 7月 ホームページ開設準備委員会発足
平成12年 9月 1日 会報「朋友」53号から紙面および活字の大型化と黒・紺の2色刷り化実施
平成13年 7月 6日 ホームページ委員会発足
平成13年 9月 1日 小泉純一郎氏(高12期)総理大臣就任「朋友」特集号発行
平成13年 9月 1日 ホームページ開設
平成15年 1月19日 小柴昌俊氏(中32期)ノーベル物理学賞受賞祝賀会開催
平成16年 7月 会員管理システムの更新委員会発足
平成16年10月 母校創立100周年朋友会準備委員会発足
平成17年 5月 個人情報保護法に対応する委員会設立
平成17年 9月 コンピューター会員管理システム更新
平成18年 6月 母校創立百周年実行委員会担当委員会へ事業費として朋友会より拠金