【2016年度 活動方針】
1.朋友会の目的は、「第2条 本会は、会員相互の親睦を図り、併せて母校と社会とに貢献することを目的とする」という目的達成のために役員一同鋭意努力していきたい。

2.常任幹事会を定期的に開催し、課題解決を図ると共に会員の声を聞き、出来るだけ事業に反映させるよう努力していきたい。

3.学校・PTA・朋友会の三者が協力し合い、母校及び朋友会会員のために事業を展開していきたい。110周年記念事業の準備会発足

1.若年層会員が朋友会に関心を示し、関わり、事業を運営できるようにするために、組織改革を図りたい。

1.会員相互の親睦及び主な事業 ●2016年度総会・懇親会

●2017年度新年懇親会 2017.1.27予定

●第7回朋友会ゴルフコンペ 4/20鹿野山

●第8回朋友会ゴルフコンペ 9/28鹿野山

●第11回青春かながわ校歌祭 10/15県立青少年センターホール(横浜市)

●学校・PTA・朋友会の三者共催 「横高未来ナビ」の開催 10/22

●「朋友会旗」の完成

●朋友寄席の開催 (秋を予定)

●「戦後70年」~横中・横高のあの頃のこと~企画展(校史資料室)

2.母校支援事業 ●部活動等支援100万円

●大学受験案内本(通称赤本)寄贈

●オーストラリア・ベノワ校への渡航支援

●卒業記念品(文化祭DVD)ほか予定

3.活性化のための組織改革 ●組織改革と一部規約改定

●常任幹事会2ヶ月に1回開催し、内容を紙面で提示し、確認し合う

●課題解決するための協議

4.若年層の朋友会への積極的な参加 ●クラス、学年幹事の把握と委員への登用

●部活動同窓会、朋友会大学支部等との連携

●成人式を迎えた学年幹事の新年懇親会への招待

●同期会開催1万円の補助

●部活動同窓会長名簿の作成、代表者の新年会招待

●春季秋季幹事会への参加周知

●維持会費納入者数を増やすための工夫

●学校、PTA・朋友会三者共催「横高未来ナビ」を開催し若年層の積極的な参加を図る

5.会長の渉外活動 ●前々会長元文伊千夫氏、前会長松生渾氏との三者懇談会の実施

●九石校長との懇談

●母校行事への参加 ほか

6.会計の処理の合理化及び事務処理効率化 ●事業、活動内容が見える形への改善

●各委員会への前渡金方式による会計

7.事務局員の仕事内容の明確化 ●事務局と総務委員会との役割分担の明確化

●内容の確認・整理と分担の明細化

<委員会活動の推進>

A・総務担当 和田副委員長
・総務委員会 高木委員長
各会議・幹事会・総会などの開催・議事録作成等に対応します。

組織委員会と連携して、各期・各組の幹事情報の把握と連絡網整備を行います。

特に、若年層の組織化に向けて強力に取り組みます。

(1)会議関係 (2)行事関係 (3)事務局関係 (4)事務的対応

 

・HP委員会 和田委員長

(1)メンバーのスキルをブラシアップさせ、さらなる充実を図っていきたい。

(2)HP委員会は、従来通り開催し、活動していく。

(3)「ようこそ同窓生」も継続して、活躍している卒業生にスポットを当てていく。

(4)リニューアルは、ハードルが高いのですが、さらに取り組んでいく。フェイスブックとの連携やその他の新しい動きを取り入れて、進めていく。

B・組織担当 幡野副委員長

・組織委員会 大谷委員長

(1)各期、各部活動、各支部等の幹事把握と維持会費納入の推進を行っていく。

(2)各期の連携を図るため学年同窓会に補助を行う。学年・クラス幹事の把握

(3)各クラブOB会等との連携を図る。クラブ幹事の把握

(4)朋友会活動周知のため在校生及び若年卒業生等に呼びかけを行う。

(5)新たなネットワークの構築

 

・未来ナビ委員会 大竹委員長

(1)第3回横高未来ナビ ●日程:10月22日(土)9:30~13:00予定

●目的:横高の在校生、卒業生及び保護者に「社会が求める人材とは何か」というテーマで講演を行う。

●対象:在校生、卒業生、保護者、本校教員

●基調講演:キヤノンマーケティングジャパン 臼居 裕氏(高24期)

●分科会:5~7名ほどのナビゲーター。1部2部形式

●懇親会:テーブルを用意せず、立ちながら自由に懇親を深める

C・親睦担当 中島副委員長

・親睦委員会 川島委員長

(1)朋友会ゴルフコンペ 第7回開催 4月20日(水)鹿野山ゴルフ倶楽部にて参加58名(高5~22期)

(2)懇親会 第二回朋友寄席を本年度秋に開催予定

新年懇親会 2017年1月28日(土)15時~横須賀セントラルホテル

 

・校歌祭委員会 小野委員長

第11回青春かながわ校歌祭は、神奈川工業高校神奈川工業会が実行委員長となり、10月15日(土)に開催予定

場所は、第1回から数回開催している横浜紅葉ヶ丘会場ですので、多数の会員にご協力いただき、伝統ある校歌を高らかに歌いたいと思います。

 

D・広報担当 上田副委員長

・会報委員会 折居委員長

(1)「朋友」85号、86号を発行

(2)電子版会報の作成と蓄積

 

・校史委員会 鈴木委員長

(1)新入生オリエンテーリングで校史資料室を公開(4月8日実施済み)

(2)文化祭で校史資料室を公開

9月10日(土)~11日(日)の二日にわたり、校史資料室を公開する。

(3)中学生に校史資料室を公開(日程未定)

(4)校史展示施設設置の三校連絡会へ出席(日程未定)

(5)校史資料室で企画展「戦後70年展」を開催し、見学希望者に公開する。

以上を今年度の活動の事業計画として、推進していきます。

(2016年5月29日(日)開催の総会資料に基づき、一部修正)